こどもチャレンジBaby特別号!色々楽しんでいるのでレビューします。

LINEで送る
Pocket

前回、「こどもチャレンジBaby」を始めた理由や効果について書きました。
こどもチャレンジBaby!受講してみた効果と感想。
今回は6ヶ月までに入会するともらえる「特別号」についてレビューします。

「特別号」とは

申し込み期間

特別号は、6ヶ月号から受講する方対象のもので、生後3~5ヶ月向けの限定教材です。
これは1回のみのお届けですが、特別号のみの受講は出来ません。
一回2,036円です。

生後5ヶ月になる月の12日までの間に申し込めば、スキンシップマットが限定デザインと通常デザインとの選択ができます。
さらに!生後4ヶ月になる月の12日までに申し込むと三大特典がついてきます。

特別号の内容

・ゆらゆらスキンシップジム
・絵本「いっしょいっしょ」
・「おやこですくすく」特別号

三大特典
・日めくり成長カレンダー
・ことりのメロディートイ
・うたあそびBOOK

その後は、生後6ヶ月~1歳になる年度の3月までのお届けコースになります。

ゆらゆらスキンシップジム

限定タイプにしてみた

特別号を申し込んだらスキンシップジムのデザインを選べたので、限定の虹タイプにしました。
いつも、何においても定番を選ばず限定やみんなと違う物を選びたい方です。
そのくせ失敗することも多いのですが、今回もジムが届くまで不安でした。
そんなに悩むなら、安定の定番を選べば良いのに。

そして特別号到着、早速広げてみました。

もうかなり遊んだのでヨレヨレです…届いた当初は綺麗でした。

とっても綺麗な色!描かれている動物も優しい色合いで、なんとも私好みで満足しました。
多分、定番の森タイプにしていても、それはそれで気に入っていたとは思います。
でも思い切ってこちらにして良かったなと思います。

息子の反応

と、私が喜んだのはいいとして。
問題の息子の反応ですが。

そのまえに当時の息子の状況について。
息子は、まだおもちゃを使って遊ぶことの楽しさをあまり分かっていない頃でした。
カラフルな可愛いおもちゃを渡しても、あまり興味がないのかすぐ離してしまいました。

それよりもティッシュペーパーの箱や、お尻拭きの袋を黙々とおしゃぶりしていました。そんな息子でしたので、興味を持ってくれるか、遊んでくれるか心配でした。

が、そんな心配など必要なかったです。
我が家の息子に限ってはとても反応が良かったです。

赤ちゃんみんながそうではないと思いますが、やはりさすがこどもチャレンジ。
さすがベネッセ。よく考えられているのだと思います。
赤ちゃんの興味を引く色合いだったり形、仕掛け。

ぱっと見た感じでは、市販の物と変わらないか、言うならもっとシンプルで簡単な作りの印象
でもそれも、この時期の赤ちゃんが一番喜ぶ設計をしているのだと思います。

ちょうど同じ時期におじいちゃんに買ってもらったプレイマット。
色んな仕掛けがあり、音楽も出て、伝い歩きできる頃まで何かと遊べる工夫がいっぱいです。でも、息子にはまだ早かったようで、最初は喜ぶもののすぐ泣いて出たがりダメでした。
こんなに差があることには正直びっくりしました。

活用法

特別号のスキンシップジムは取り外しが出来るので、それぞれ単品での使い方も重宝します。

我が家には、プレイマットがあるので、2つは場所をとります。
なので特別号のメリーはリビングの簡易ベッドに設置し、マットはリビングのねんねスペースに敷いています。

ベッドに設置と言っても無理矢理はめ込んでいるだけです。

これにより、ベッドではメリーで遊んで、下に降りるとマットの仕掛けで遊びます。
このマットだと結構一人で遊んでくれます。

しかも、ねんね期だけでなく、寝返りが出来るようになってからの方が興味が出てきたのか、カバさんもカエルの小池もライオンのしっぽも大好きです。

日めくり成長カレンダー


6ヶ月までは日めくり、6ヶ月からは週替わりで、その頃の赤ちゃんの様子や、お世話、行事ごとについてなど役立つ情報が色々載っています。
毎日ひとつずつ読むのも良いし、最初に全部読めばこの1年の間に赤ちゃんがどのように成長するのか、どうお世話したら良いのか、どんな行事があるのか、など把握できます。
そして欲しいときに参考にするのも良いかもしれません。

ことりのメロディートイ


5曲収録されていて、それぞれ単発で聴くのと、メドレーに出来るボタンがあります。
1曲ワンフレーズ
ごとなのですぐ終わってしまいます。
正直どうかと思いましたが、コレもまたとても反応が良いです。

メロディートイの効果

ことりのメロディートイを聴くと、それまで泣いてバタバタ暴れていても静かになって一人遊びを始めてくれます。
これにはとても驚きました。

毎回バタバタしているときにこれを聴かせると大人しくなるので、このメロディーが赤ちゃんを安心させる効果があるのでしょうか。
プレイマットとセットで置いています。
わーわー泣いて、手に負えなくなってからでも比較的泣き止むことが多いです。

活用法

ひとりで遊んでいて欲しいときはこのメロディーを鳴らしておくと、しばらくは機嫌良く遊んでくれます。
もちろんずっとは無理ですが、他のおもちゃより長いと思います。

機嫌が悪くなったときもコレを聴かせると泣き止みます。
息子だけなのか、他の子もそうなのか分かりません。
何か赤ちゃんの好きな音が使われているのか。

全ての赤ちゃんに効くとは言えないでしょうが、これほど反応が良い赤ちゃんもいると言うことです。

三大特典のもうひとつの「うたあそびBOOK」には、メロディートイの歌に合わせた遊び方が書いてあります。
楽しむポイントも載っているので、慣れてくればアレンジしたり、初めての赤ちゃんでまだ遊び慣れていないママにも良さそうです。

絵本、子育て情報誌


*写真は特別号のみ送られてきます。通常は「おやこですくすく」のみです。

これらは毎月届く内容です。
絵本は優しい色合いで、スキンシップを楽しめるものです。

情報誌は、先行受講ということで、3~5ヶ月ごろの赤ちゃんの様子や、お世話のことに関して詳しく書かれています。
内容は盛り込みすぎず、でも必要な所はしっかりと書かれていると思います。
読みやすいしわかりやすいです。
細かいことは載っていないこともありますが、必要な所の内容がしっかり載っていれば十分かな、と思います。

まとめ

以上、まとめた物もありますが、これがこどもチャレンジBaby特別号、さらに生後4ヶ月までに申し込んだ場合の内容です。
私自身がこういう教材が好きと言うこともありますが、とても楽しく使っています。
毎月何が届くか心待ちにしています。

息子の反応が良すぎたため、良いようなことばかり書いてしまった感じですが、赤ちゃんみんなに当てはまるものではないと思います。
ママが楽しんでおもちゃを使ったり、絵本を読んであげれば、きっと赤ちゃんも楽しいと感じてくれます。
まずはママが楽しくなれるようなおもちゃや絵本を取り入れてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です