物をなくしてすっきり!キッチンミニマル化のすすめ

LINEで送る
Pocket

引っ越し後、色々配置換えしたキッチンも最近は定着しつつあります。
もう少しスッキリさせたいのですが。
ちょっと滞っています。

ミニマルなキッチンのすすめ

キッチンこそ物を増やしたくないです。
余計な物がない、必要最小限のものだけにする、ということは、

すっきり見える
余分なお掃除が減る
家の中が広くなる

などと思います。
でも、それだけではないです。

なくしたかった物

当たり前のように置いていた三角コーナー

ゴミを入れるのはお料理しているときで、食べ終わった後の魚の骨や食べるときに出たゴミは片付けの時に入れて、三角コーナーのゴミはそのままゴミ箱に捨てます。
三角コーナーに入れられるのはほんの一瞬です。
もちろん汁気のあるものは三角コーナーを通した方が良いですが、それも排水溝でもキャッチされます。

プラスチック製のものはすぐヌルヌルしてきます。
そのたびお掃除が必要です。
それに、我が家の流し台は小さく、三角コーナーを置くとすごく狭く感じます。
そもそも置かなければ、そこをお掃除する必要がなくなります。

メリットとデメリット

なんでも省けるものは省きたい方です。
置かないことのメリット

嫌なヌルヌル掃除をしなくて良くなる。
流し台のお掃除の手間が減る。
流し台が広く使える。

デメリットとしては

調理の際に出たゴミをとりあえず捨てる「場所」がなくなる。
汁物は直接排水溝に流すしかない?

などがありました。

それでも、置くメリットより置かないメリットの方が大きく感じられ、新生活が始まるとしばらくして、取り払ってしまいました。

デメリットの対策

デメリットとしてあげた
調理の際に出たゴミをとりあえず捨てる「場所」がなくなる。
汁物は直接排水溝に流すしかない?

これらは、
小さい袋を蛇口のそばに置いておく。
で対応しました。

タオルをつっている取っ手に括り付けでるというのは、ゴミの汁気がとぶのが嫌で却下。

シンクに置いてしまうと、シンクが狭くなるし、ビニールが水に濡れてびしょびしょになります。
これなら水に濡れることはないです。

今のところこれで不便なことはないです。

水切りの代わりに使ったもの

珪藻土マットの効果

次に、どうにかしたかったものは水切りです。

我が家では今、珪藻土マットを使っています。

2年ほど前に、お風呂のマットを珪藻土マットに変えてから、その吸収性と、お手入れの楽さに惹かれ、それからキッチンの水切りにも利用しています。

珪藻土マットなら、使わないときは立てておけば、水切りかごを置くスペース分が広くなります。

ここで、珪藻土マットのお手入れについて少し。

お風呂の珪藻土マットのお手入れと言えば、削る、日陰干しが基本です。

キッチンの場合も同様で、使っていないときは立てておく、月に1回くらいのペースで削っています。

水切りで使う場合の注意点

ここで注意点は、当たり前のことですが、食器や調理器具は食べ物や調味料を完全に洗いきることです。
洗い残しや洗剤のすすぎ残りがあると、カビの原因になります。

カビが生えてしまったからと言って、石鹸で洗ってはいけません。

石鹸の成分が珪藻土の微細孔に詰まってしまうことで、水分を放出することができなくなり、カビの原因になります。
このようなときに、私はキッチンハイターなどの漂白剤を使います。
良いのかどうかは分りませんが、漂白され、綺麗になります。
お風呂の珪藻土マットでも、石鹸もダメですが、カビキラーは良いそうです。
なので大丈夫かな。
ただ、漂白剤が吸収されてしまわないようにしてください。
石鹸と同じように、漂白剤の成分が珪藻土の微細孔に詰まってしまいます。

また、カビの漂白をする前に削った方が良いと思います。
カビの取れ具合が早いです。

ちなみに、私は珪藻土を削るのに使用している物です。

紙やすりをこの大きさに合うよう切ってはめます。

そしてこすれば、手でするより楽に削れます。

全体のお手入れとしては、

1.毎回使っていないときは立てておく
2.月一回のペース、もしくは吸収性が下がってきたら削る
3.かびが映えてしまったら、漂白剤をかけてみる
4.日陰干しでしっかり乾燥させる

ついでに。
最近は100均でも珪藻土のコースターや乾燥剤が売っています。

このコースターを、洗った後のはし入れの下に置いています。 

ちょうど良いです。
このようにしてシンク周りはすっきりしています。

あとは、我が家のシンク、なぜか吸盤がくっつきません。
なので、食器を洗うスポンジ置き場がないです。
これはまだ未解決です。
新たに置き場を作るのではなく、すっきり見えるような良い方法を探しています。

ミニマルな生活の基本

見せない収納を基本に、見えないところもすっきりさせたいと思っています。

必要最小限で生活すると言うことは、選んで手に残したものたちを、大切にし最大限に有効活用することだと思います。
だからこそ、選ぶときはどこまで自分が使えるか、本当に欲しいかよく考えます。

実際、自分が本当に欲しくて絶対の自信を持って買った物は、どれだけ古くなっても、壊れたり、次のそれに変わる物が出来ない限り、使い続けます。

一番わかりやすいのは、調理の際の選択回数です。
選択肢が減るので、時短効果になります。
用途が似ているアイテムが複数あるとどれにしようか悩みますが、「コレにはコレ」と定番を作っていれば迷うことがないです。結局、使用頻度の高いものが使われます。

横から見ると、ケチとか細かいのかもしれませんが、本当に気にいった物であれば手に入れたいです。
普段の生活は質素だけど、大きな買い物は結構潔いです。
そうやって、物に価値を見いだし、投資したものたちは私の生活をグッと上げてくれます。

ミニマルな生活を追求する本当の意味は、物をなくすことで、生活の豊かさや平穏を手に入れることだと思っています。
物がすっきりすれば心もすっきりします。
物がなければ風も通ります。気持ちも良いです。

と言いつつ、まだまだ物が多いので、ぼちぼち断捨離もしていきます。

珪藻土 キッチンマット 40×30cm 速乾 吸水 水切り 吸水マット キッチン用品


【新発売】soil GEM ソイル ジェムシリーズ 珪藻土 ドライングボード 水切り板 Mサイズ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です