生後5ヶ月、睡眠時間の短い赤ちゃんに!夜の眠りを促す方法

LINEで送る
Pocket

生後5ヶ月頃になると、赤ちゃんは昼夜の区別もはっきりしてきて、睡眠リズムが徐々に整ってきます。
この頃の赤ちゃんの平均睡眠時間は1日で約15時間ほどだそうです。
とは言っても、この頃の個人差は大きく、寝ない赤ちゃんやまだまだ授乳で起きてしまう赤ちゃんも多いと思います。
こればかりはその子の性質だと思いますが、睡眠時間が短いとママは心配だし、少しでも眠りやすいように促してあげたいですね。

私の息子は今、5ヶ月に入ったところで、お昼寝は30分の時や2時間の時がありばらばらですが、夜は大体7時から朝の5時頃まで寝てくれます。

普段から、夜眠りやすくなるように実践していることを紹介したいと思います。


追記
あれから約1年。1歳8ヶ月になった息子は今もよく寝る、早寝早起きっ子です!
現在の生活スタイルも書いています。良ければご参考にしてみてください!

子どもの寝かしつけ対策!すんなり眠るためにすること3つ!!

2019年10月3日

1日の時間割

1日の中で、夜しっかり寝てもらうためにしていることです。

1.朝は朝日を浴びさせ、服を着替える。服を替えることで朝と夜の区別をつけます。

2.日中はお散歩したり、しっかり体を使って遊ぶ。お昼寝は出来れば4時頃までに済ませる。

3.夕方5時頃からはお風呂入るモードに!
  寝させないように、様子を見計らって、5時~7時くらいの機嫌の良いタイミングで入る。
寝てしまったら無理に起こさず寝かせる。その日は臨機応変に対応。機嫌良く起きてからお風呂に入る。

4.お風呂でゆっくり浸かった後はしっかり授乳でお腹いっぱい 
  ←うちはだいたいここから寝ます。

5.部屋の照明をやや落とし、抱っこしたり、寝転がって遊ぶ。激しい遊びはしない。

6.テレビをつけている場合は音量を下げ、話し声のボリュームも下げる。付けないのがベストだと思いますが。

7.9時になったらおむつを換えて授乳、満足するまで飲ませ、寝室へ。

8.部屋を暗くし、寝かせて自分も寝る。私は本気でここで寝てしまいます。
 なんなら息子より先に。。。

ポイント

•初めは無理でも、諦めず毎日早寝早起きのリズムを作る

•寝かしつけはお布団で

•寝る部屋は電気を消し、静かな状態で、親も寝る(ふりをする)

•寝る前の授乳は満足するまで十分に!

これらを踏まえ、

●毎日大体同じ時間に、同じように繰り返すこと

●寝る部屋が暗いこと、就寝前は満腹であること

は特に重要だと思っています。

さらに、暗い部屋だと寝ないといけないと思うのか、息子は夜中に起きてもしばらく一人遊びして寝てしまいます。

夜のちょっと泣き

たまに1,2分泣きます。
これはミルクで起きるときは別です。本当にミルクが欲しくて起きたときは泣くので飲ませます。
でもしばらくトントンなだめてみて、寝るようならそのまま寝かせます。
スパルタ!?って思われるかもしれませんが、夜中のちょっと泣きは、赤ちゃんの寝言やママの存在確認のためと言われています。
このときに抱っこしたり、話しかけてしまうと起きてしまいます。なので、5分ほど様子を見ます。
5分以上泣き止まないときは授乳や起きてしまって泣いていると思うので、しっかり返事して抱っこして安心させてあげてください。

夜の刺激は覚醒の元!

夜は、出来るだけ刺激を与えないようにしています。興奮すると寝ません。
以前、夫が早く帰ってきて、嬉しくていっぱい遊んでいたら、興奮したのか泣いて全く寝てくれませんでした。
そのほかでは、ミルクが足りていないと、寝てもすぐ起きてしまいます。
特にミルクを飲むことに集中していない場合などは、もういらないと離してきてももう一度含ませてみます。

明るさの重要性

我が家は新生児の頃からこのペースでした。
新生児の頃は寝ていることがほとんどですが、朝になったら一緒にリビングに降り、9時になったら寝室に上がる。
という生活を実践、というより私が朝型人間なので必然的にこうなっていました。

育児書にも書いているように、やはり早寝早起きは重要です。
さらに、その習慣作りを、出来るだけ早いうちからした方が良いと思います。
そうは言ってもそれぞれご家庭の事情がありますから、無理せず出来る所から。

夜の暗い部屋での寝かしつけ、我が家では通称“暗やみ作戦”と呼んでいますが、これが最強です。
ただ、ある程度大きくなったお子さんにいきなりすると怖がらせてしまうかも。

さいごに

なかなか辛い時期ですが、何か原因があるものです。基本的な、部屋の温度や明るさ、おむつや授乳、快適、満足しているでしょうか。安心できるママはそばにいるでしょうか。

それも出来ているなら、日中遊び足りず力が有り余っているのかも!

その子の性質が関係しているのが一番の原因ですから、何しても寝ない!とママが躍起になったり、イライラするのが一番よくありません。
ママはしんどいけど、赤ちゃんも眠れなくて辛いはず。
赤ちゃんには安心できるママの存在が必要不可欠です。

以上、寝かしつけについてまとめてみました。何かお役に立つことがあれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です