【ちょい楽弁当】卵不要とんかつと「つるむらさき」の食べ方

LINEで送る
Pocket

2018年8月8日のお弁当

献立

とんかつ

1.豚ロース肉の脂身と身の間の筋に切れ目を入れる。
揚げたときに身が縮むのを防ぎます。

2.包丁の背で両面を細かくたたき、厚みを均等にする

3.両面に塩こしょうをして下味を付ける。

4.豚肉の上面と周りにマヨネーズを塗る。

5.マヨネーズを塗った面にパン粉を付ける。

6.もう片方にもマヨネーズとパン粉を付ける。

7.4~6の工程をもう一度する。

8.フラパンに豚肉の厚さの半分ほどになるよう油を入れ低温(160℃)に熱する。
油の量は、揚げ焼きにする場合の目安です。
普通に揚げる場合はたっぷりの油で揚げてください。

9.豚肉を入れ、衣が色付いてきたら静かにひっくり返す。

10.反対も色付いたら、仕上げに揚げ油の温度を高温(180℃)にして、こんがりときつね色になるまで揚げる。

簡単とんかつのpoint

衣に小麦粉と卵を使わない方法です。
小麦粉・卵・パン粉を付けた衣のように衣はしっかりしませんので注意してください。

薄く剥がれやすいので、7の工程が必要です。
また、卵の代わりになりますので、マヨネーズはしっかり付けてください。
マヨネーズをつけても、酸味は加熱により飛びます
マヨネーズ感はせず、ソースなしでもしっかりした味付けになります。

ヨーグルトのちょい足し
マヨネーズを多量に付けることに抵抗がある方は、ヨーグルトをごく少量加えて伸ばしてやると付けやすいです。
また、後からソースを付けたい場合は下味を控えめにするか、ヨーグルトを少量加えると良いです。
ヨーグルトの代わりにお水でお良いですが、ヨーグルトの方がまろやかさが出ます。
同じ理由でヨーグルトの種類も、低脂肪のものより普通のものの方が良いと思います。

揚げ油に入れた後はあまり触らず、ひっくり返す時も静かにひっくり返してください

つるむらさきのお浸し

1.つるむらさきは洗って、沸騰したお湯に少量塩を加え、さっと茹でる。
2.冷水にとり、水分を切る。
3.めんつゆ、かつお節で和える。

「つるむらさき」とは

特長

我が家は宅配野菜を利用しています。
毎週、そのとき採れた美味しい有機野菜が届きます。
その中で、最近よく入る「つるむらさき」。
今まで全然知りませんでした。
見た目はほうれん草みたいですが、茹でると粘り気が出てモロヘイヤのような食感です。
葉の部分はもちろん、茎は太くワカメの根のように肉厚で、かみ応えがあります。
くせも苦みもなく、他の食材と合わせても相性が良さそうです。

使用するにあたり、少し調べてみると、

東南アジア原産の野菜で、葉と茎を食用とする。
・中華料理では、木耳菜(ムーアルツァイ)などと呼び、炒め物にすることが多い。
・ベトナム料理ではモントイと呼び、スープの具にすることが多い。
・日本料理では、主に沖縄で栽培され、じゅびんと呼ばれる島野菜
 おひたしや味噌汁にしたり、薬味として用いられる。
・栄養価が高く、ほうれん草より優れていて、ビタミンA、C、カルシウム、鉄などを豊富に含む
・小腸でのグルコースの吸収抑制により血糖値の上昇抑制活性が認められているそう。

という、なんとも万能野菜みたいです!

食べ方としては、私はまだおひたしとマヨネーズ和えのみしか試していませんが(それもこの記事を書くまでは自己流でした。)、酢の物なども無難に出来そうです。
炒めものや、揚げ物にも出来るそうなので、次回は違った物を作ってみます。

茹でるときの注意点

茎が太いので、茹でるときは茎と葉似切り分けてから、茎から時間差で茹でましょう。
葉はさっとくぐらせる程度で大丈夫です。
どちらにしても、火の通りすぎは美味しくなくなります
太い茎が軽く茹で上がるのを確認したら後は手早く、葉を加え、さっと冷水に取ってから水気を絞っておきます。

我が家のおいしい「つるむらさき」の食べ方

マヨネーズ和え
茹でたつるむらさきと、かにかまや、薄揚げ、じゃこなどお好みで加え、塩こしょう、マヨネーズで和える。

アレンジ
・マヨネーズ+ポン酢
・マヨネーズ+酢+砂糖

お浸し
めんつゆとかつお節で和える。
中華だし、ごまでも。

味玉

レシピ→
【ちょい楽弁当】ちょこっと下処理でやわらかチキンの照り煮と簡単味玉弁当
今回は沸騰してから卵投入後、フライング3分(多分2分30秒くらいだったかも)
火を消して蓋をして放置7分でした。

早すぎたかと思ったのですが、案の定、卵の殻は剥きづらかったです。
が、今日切ってみると、中とろーり、うまくいけました。
お弁当に入れるにはちょっとギリギリラインですが。。気をつけて。

コレで、2日後です。味はまだ染みこみやや足らず。
味付けが薄かったかな?いつも感覚、目分量でやるのがダメですね。再現性がなくて。
多分、毎回どれもまあまあ程よく仕上がるので、きっちり計ろうと思えないんですね。

まとめ

今回もまたまたズボラレシピの紹介になってしまいました。
でも、これよりもっと良い物があります!
最近、「小麦粉・卵いらず ラク揚げパン粉」なる物が売っています!
これならマヨネーズする必要もないのかな。
一度買ってみようと思います。

宅配野菜は、毎週採れた野菜が届くので欲しい野菜を選べません。
でも、旬の野菜がたくさん食べられます。
最近は、年中食べられる野菜が多いので旬の食材が分りにくくなっています。
宅配野菜だと、旬の野菜はそればかり、登場頻度が高くなるのでとてもわかりやすいです。
また、今まで自分では買わなかった野菜や、食べたことのない野菜が届いたりします。ちょっと割高ですが、味も美味しいしなかなか楽しんでます。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です