楽しい育児を目指したイヤイヤの収め方

LINEで送る
Pocket

3歳児の主張

3歳も続くイヤイヤ

 

息子、3歳になったばかり。

イヤイヤはまだまだあります。

 

一時期より、

話してわかってくれることも増え、

 

いきなり、良く分からないことで

イヤイヤすることは減って来ました。

 

しかし、

まだまだひどい時はひどい。

 

今回はそんな息子の、

イヤイヤ対策としていつもやっている、

と言うか、

私自身が気をつけている方法を書いてみたいと思います。

 

子どもだって意思がある

 

ことの詳細は

この日記を読んでみてください。

結論から言いますと、

先に子供の気持ちを優先する

と言うことです。

 

これまでにも、

ココに書いたかもしれませんし、

私自身がいつも気をつけていること。

 

人は変えられない。

 

そう、

我が子だって、

 

1人の人間。

 

分身のように思っていた子は、

いつの間にか、母から離れ、自我が芽生、

1人の人間となっているのです。

 

そうは言っても、

まだまだ危ないことばかり、

好き勝手にさせていたら、

生活や健康によくないことばかり。

 

そう、不安に思いますよね。

生きていく面においては、アシストはもちろん必要。

 

ただ、

メンタル面では、

彼の思うようにさせることが一番。

 

だと思っています。

 

 

否定的な言葉

 

 

赤ちゃんから成長し、

いろんなことができ始めると、

嬉しい反面。

禁止することも多くなって、

つい、否定的な言葉が多くなりがち。

 

私ももちろん、そうです。

でも、それでうまく行ったことがないのです。

 

否定的な言葉で無理やり禁止して、

 

子供がそれを素直に

「ダメなんだな」

とは思えてないんじゃないかな、

 

と思っています。

 

*********************************************************

私はあくまで平凡なイチ主婦です。

育児の専門的な知識はありません。

当たり前のことや、

全然違うことを書いているかもしれません。

が、書物を読んだり、

感覚的におこなって来て、感じたことを書いています。

それをご理解いただき、お読みくださると幸いです。

 

*************************************************************

 

否定的の言葉を置き換える

 

〜しちゃダメ

は、小さい子は言われても、

じゃあどうすれば良いのかわからないそうです。

 

それを聞いた時、

そうなんだ!

と妙に納得しました。

 

〜してね。

そう言います。

 

普段、私もそう気をつけています。

 

やって欲しくないことも、

〜しちゃダメ

じゃなくて、

〜してくれたら嬉しいな。

 

そう言うこと自体が、

怒ってないですよね。

 

前回記事にも書いたように、

「怒らない育児」

ってとても大切、

結局は

目指すは怒らない育児。

だと思っています。

 

イヤイヤの収め方

 

と、

ここまで長くなりましたが、

イヤイヤを止める方法を書いていきます。

 

イヤイヤを収めるのって、そう簡単ではありません。

そして毎回違う。

 

前回はこの方法でうまく行ったのに、今日はうまくいかない。

とか、

この方法が良いって聞いたけど、全然うまくいかない。

要は、

方法じゃないんですよね。

 

でも、どんな時も言えること。

 

子どもの気持ちを受け止めてあげること。

ここが重要だと思っています。

 

 

子どもの主張を聞き入れる

今回の我が家の例では、

イヤイヤ勃発から、悩みながら、

解決へ導きました。

 

それも、息子の様子を見ながら、

イヤイヤが激しくなるなら、すぐに軌道修正。

 

ただ、

突き放すことや、

言い聞かせようとすることはしません。

 

絶対、悪化する。

と私は思っています。

 

まずは

抱きしめて、優しく

子どもの気持ちを聞きます。

 

その上で、こちらの要望を伝えてみる。

 

それで落ち着くなら成功。

 

ただ、だいたいは無理。

 

妥協案を考える

 

そうしたら、

 

妥協案を出してみる。

 

ただ、

子どもがイヤイヤして親が言いなりになると

子どもはこうすれば聞いてくれると思ってしまうと

良く言われているので、

 

こちらの意志はなるべく貫きます。

 

妥協案でも納得しないとき。

 

今回はこちらでした。

ウソをつく。

 

何を言ってるんだ、と思われますね。

 

嘘と言うと違う気がしますが、

その時の子どもの欲求を叶えてあげる、

ように見せる。

こと。

 

難しいんですが、

失敗しちゃうと、ママ何なんってなりますので、ご注意を。

そして、もう少し大きい子には効かないかも。

 

今回は良い例でした。

貼ってある日記の話を端折ると。

 

ご飯を食べず、

お菓子だけ、買いに行きたい息子。

 

お弁当も買って、ご飯を先に食べて欲しい母。

一悶着した後に

もう母は、お弁当の話には一切触れず、

お菓子を買いに行こうと

息子を連れ出す。

 

お菓子を欲しがっていた息子は、

美味しそうなお弁当も食べる気になりました。

家に帰る頃には、

頭の中はお弁当に置き換わっていました。

 

もちろん、お菓子も買ったので、

嘘はついていません。

 

ただ、

当初、

お弁当を買うことを拒んでいた息子に

ご飯から食べてもらいたい

と言う母の意志を隠して、

連れ出したと言うことです。

 

もちろん初めから、

スムーズに行ったわけではなく、

妥協案も出したし、

ご飯をたべないといけないよ

と説得しようともしていました。

 

イヤイヤする気持ちの奥

 

イヤイヤするのって、

単純にそれがイヤだとか、それがしたいとか、

場合によってはそれもありますが、

 

寂しいとか、

かまって欲しいとか、

モヤモヤした気持ちを、ママにわかってもらいたい

と言う、

表現し難い感情が子どもの中に湧き上がっている時なのかな。

 

と思っています。

ただ、本当の意味を見つけるのは難しい。

泣いてるし、イヤイヤしているし。

寂しいのね、

 

と言ったところで

違うと暴れる。(本当に違うかもしれないし)

 

だから、

 

子どもの欲求を聞いてあげる

ように見せれば、

 

ママはわかってくれた

って思って気が済むのかな、

と。

あくまで個人の憶測です。

 

興味の逸らせ方

 

ただ、

カートに乗りたい。

これじゃなきゃやだ

など、

 

どうしても子どもの欲求を満たさないと気が済まない時には、

 

あ!あっちに何かあるよ!

と注意を違う方向に向けたり。

 

ママとカゴ一緒に持とうか。

と言ってみたり。

 

できるだけ、

これ我慢したら、お菓子買ってあげる

とかのご褒美手法はなるべく使わないようにしています。

 

同じですが、

駄々こねるとそれができなくても代わりに何かもえらえると思ってしまう。

 

注意を違う方向に向けるのは当たると結構使えます。

3歳くらいまでは、まだ素直ですから。

 

あ!あっちに何かあるよ!!

 

え、何?

 

行ってみよう!!

 

行ってみたら、野菜売り場。

ブロッコリーを持って、

こんな大きなみかんがあるよ

とか、

 

生産者さんの写真をみて、

これ、おじいちゃんじゃない!?

とか言うと、

 

違うよ〜

と言うので、

そう??

めっちゃ似てると思って、びっくりしたよー

 

と話をどんどんそらして行くと、

イヤイヤしていたことを忘れ去ってくれたりします。

 

前の記事にも書いたけど、

イヤイヤしているもののそばにいつまでもいない。

離れちゃえば、もうどうでも良いこと。

 

だったりします。

そう簡単ではないけれど

 

うちの子が単純なだけかもしれません。

 

比較的、イヤイヤも激しい方ではないと思います。

参考にならなかったかもしれません。

 

ただ、今回の件で思ったのは、

やっぱり

怒るより楽しい育児、だなと言うこと。

つい怒ってしまう気持ちを堪え、

楽しさを考えてみると、すんなり行ったりします。

 

それが悪いことか、どうかは、

そのあと。

イヤイヤして泣いて暴れているときに

いくら話しても、聞いてくれないし、わからない。

 

 

いつもいつも無理ですけどね。

気をつけていることが大事、

日々の積み重ねだと思っています。

 

★ここまでご覧くださりありがとうございました★

 

 

★★★弱小ブログゆえ、皆様のお力添えが励みになります。★★★

こちらでもブログ書いています(こちらも更新再開)★

日々のつぶやき、ママから見たパパと息子の日常を綴っています。

息子とママの成長日記:coco*Instagramもよろしくお願いします!
こちらも気まぐれ。
日々の息子の様子を記録。
たまに(特別な食事など)ご飯も記録します♬

楽天ルーム、やってます。
主にプチプラママファッション、息子ファッション、息子のご飯系。
よろしければ(。-_-。)

♬ブログランキング参加中!!応援してもらえると嬉しいです♬
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ


どうか、温かい目で支えていただけると幸いです★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在2歳の息子を育てながら仕事してます。 何事も完璧主義者でしたが、出産を機に人生の生き方を見直し。育児も家庭も仕事もゆるめに。 息子の成長を書き留めていこうと、完全自分語りのブログです。 参考になるようなことは発信できませんが、来ていただいた方が何か感じ、得てくれることがあればいいなと思います。