チキンの唐揚げ弁当、唐揚げ粉は片栗粉と小麦粉で外カリッと中ジューシー

LINEで送る
Pocket

2018年9月20日のお弁当

献立

チキンの唐揚げ

1.鶏むね肉は官能開きにし、表面にフォークで穴を開ける。

2.ブライン液に浸しておく。
ブライン液については過去に記事に書いています。

【ちょい楽弁当】鶏ちり弁当と鶏肉の下処理の方法

2018年8月12日

ブライン液は鶏むね肉をとっても柔らかくしてくれます。
簡単なので是非やってみてください。

前処理として、可能であれば前日につけておくとより良いです。
それが難しければ最低10分以上漬け込みます。

3.鶏肉を一口大に切り、しょう油、酒、おろししょうが、おろしにんにく(チューブでOK)を加えよく混ぜる。

4.冷蔵庫で30分~1時間以上寝かせる。

5.片栗粉と小麦粉を同量混ぜ合わせたものに、鶏肉をまぶす。
  3も4もビニール袋ですると容器も手も汚れず楽ちんですね。

  しっとりさせる場合は漬け込んだ容器に粉類を投入、
  カリッとさせたい場合は容器を別に
し、鶏肉を漬け込んだ液から取り出し粉類をまぶします。

6.フライパンに多めの油を熱し、鶏肉を揚げ焼きにする。
私はいつも揚げ焼きにしますが、もちろんちゃんと揚げていただく方が美味しく上がると思います。

7.十分火が通ったら取り出し冷ます。

小松菜とさつま揚げの味噌マヨ和え

1.小松菜はさっと下茹でし、水気を切り、食べやすい長さに切る。

2.さつま揚げは2mm幅の薄切りにし、油を引いたフライパンで軽く焼き、焦げ目を付ける。

3.小松菜とさつま揚げを合わせ、調味料★を加えて和える。
 ★…マヨネーズ、味噌、砂糖、しょう油、ごま
 どうしても水分が出るので、時間が経ってから水気を切ってお弁当箱に入れます。
 ごまの他に、天かす、かつお節やピザ用のチーズを絡めると水分を吸ってくれます。
 色々、味のバリエーションにもなります。

レンコンのきんぴら

1.レンコンは厚さ3mmのいちょう切りにする。

2.酢を加えたお湯でさっと茹で、水気を切る。

3.フライパンに油を熱し、牛肉細切れもしくはミンチを入れる。

4.牛肉に火が通ったら、レンコンを入れ炒める。

5.調味料★を入れ、煮詰める。
★…みりん、砂糖、しょう油

6.仕上げに七味を振りかけ完成。

簡単味玉

【ちょい楽弁当】ちょこっと下処理でやわらかチキンの照り煮と簡単味玉弁当

2018年6月30日

今日の味玉、作ってから4日目のです。
もうトロンを通り越してクリンとしていました。
表現が分かりづらいですね。
ちなみに月曜日、17日の味玉が作ってから1日経った状態です。

豚バラ焼き肉丼と甘いさつまいも簡単定番レシピ

2018年9月17日

このときはトロ~っとしていました。ご参考までに。

唐揚げの衣、粉の使い分け

唐揚げの衣は、粉の種類によって食感も見た目も変わります。
通常は片栗粉のみが基本の作り方と思います。

片栗粉だけだとカリッと仕上がりますが、仕上がりはいかにも茶色で、カリッと固めです。

小麦粉だけの場合は、しっとりし仕上がりは柔らかになります。
お肉の身に絡みやすいので、うまみをしっかり閉じ込めてくれます。
ただ、小麦粉が多いと白っぽい仕上がりになります。

片栗粉だけでは固すぎ、小麦粉だけでは食感に物足りない。
そんな場合に、両方の粉を合わせると良いです。
片栗粉と小麦粉の比率を変えるとこで、カリッと固めや、しっとり柔らかめ、と言った、ちょうど良い食感に仕上げることが出来ます。

私は測りやすいように、同量ずつ合わせます。
カリッとしつつ、柔らかくジューシーです。
また、仕上がりも程よいきつね色になり美味しそうに見えます。
と、言えるほどの腕前ではないですが。

それっぽくは見えるかな。

まとめ

今日の天気は一日雨でかなり涼しくなりました。
外は肌寒いくらい。。

急に気温が変化すると着るものに困りますね。
家の中との寒暖差もあり。
今年からは自分の心配だけでなく、息子の着る物にも、
というか、自分なら別に少々寒かろうが暑かろうが気にせず、時間が出来たら衣替えをしていました。

服はたくさん持たない主義だし、もう流行やトレンドについていけず!?
自分の好みや自分に合う(と思っている)ものを選びます。
それもちゃんと気に入ったものだけ。
気に入ったものなら、高価な物でも買います。
その代わり買うまでものすごく悩みます。
そうやって、購入時からすでに断捨離は始まっています。

話は逸れましたが、私自身は良いですが赤ちゃんはそうはいきません。
洗い替えもたくさん必要です。
冬物、可愛いお洋服を探さなければ!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です